無料 アクセス解析RMT

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時は流れて

 気がついたら、偽物語は終わってました。
忙しくてそれどころじゃ無かったりして、その間どんどん放映されまくり。
溜まったのを一気に見ると、原作通りでまあ・・・・・・。

次は猫物語ですかな?
映像化は来年かねえ・・・・・・。

偽物語(6話)

 今回、八八寺さん随分出番が多いな(笑)
阿良々木君が外出するとそこに居ると・・・・・・・。

実はストーカーで、阿良々木君が出かけるのを見て先回りしてるんじゃねえかな?
セクハラしなかったらしなかったで「阿良々木さんらしくない」とかなじられてるし・・・・。

それにしても、阿良々木君と八八寺・・・いや、八九寺か。
以前お茶してた所もそうだし、今回の散歩コースも・・・・・・どこの外国ですか?
大きな本屋が一件しか無い田舎(怒田舎民からしたら電車とか有るだけ都会じゃん)とか
言ってた割に、随分お洒落な町並みでした。

そのあおりを食って、メインヒロインのハズのガハラさん・・・・・出番少ねえ。
八九寺の言ってたように、(最終回にはお亡くなりになって)阿良々木君将来的には
いいんちょと結婚するんじゃ無いかと思えるくらい・・・・・・。

偽物語(5話)

 羽川さん、もうお嫁に行けない・・・・・・・・。

夏場とは言え、タオル撒いただけの格好で妹と話すってどうなんだ?
妹の方も、風呂上がりは下着姿でウロウロしてるらしいが・・・・・。


火憐は詐欺師のおっさんに怪異の毒?を移されて高熱を出しダウン。
阿良々木くんは、その毒を自分に移そうと妹にちゅーを強要・・・・・。
風邪じゃねえんだから(いや、じっさいは○○なのであれだけど)

阿良々木君て、妹の胸とかもみまくりさわりまくりで更に初チューを奪いまくりの吸いまくり。
実際に居たら嫌だなあ・・・・・・・。
でも、何となく許されちゃってるのが(変な物見せられたいいんちょも引っ張ってなかったし)
人望なのか?ハーレム作るやつってそういうスキルがあるんだろうか・・・・・?
チョッピリうらやましいぞ。
原作で腹を抱えて笑った部分が殆どばっさりとカットされてるのは残念でした。
25分にまとめるにはちょっと範囲が広すぎたんじゃ無いかな・・・・?

偽物語(上)

 化物語の後日談である「偽物語」はおっきい妹がメインの上巻「かれんビー」と
ちっこい妹がメインの「つきひフェニックス」(下巻)の二巻構成。

 原作ではカットされた部分が載っているので、アニメでおもしろいなと感じた人は
是非とも読んでみることをお奨めしますが・・・・・・・・・。
途中まではというか、問題のカイキというおっさんとやり合おうというところまでは
おもしろかったのです。
眼鏡三つ編み、学校指定の制服鞄の委員長の中の委員長だった羽川翼の変化。
アレが実際に「つばさキャット」での失恋騒ぎの結末とは・・・・・。
失恋したから髪を切るって昭和の女の子かよ・・・・・・。
で、ガハラさんの勝利かとおもえば、羽川翼のことを「羽川さま」とか「ご主人さま」とか呼んで
脅迫されていないわよ?とかいじめなんて無いわよ?とか色々不味い事を言ってるし・・・・・。
原作を読み進めていくと、どんどんイメージが崩れて行くのが怖い・・・・・。

 おっきい妹とのガチンコケンカというか・・・・・アレ殺し合いだろ(汗)

それだけ色々当事者が騒いで暴れてたのに、いざ決戦だ!!と
おっさん呼び出してみれば、降参だ俺はもうこの町を出て行くわ・・・・・。

えー・・・・・・・。
あっさりしすぎ。
怪異あいてじゃないとは言え・・・・コレはどうだろう?
実際に話してみると、「怪異?そんな物俺は信じないよ」とか言ってるし
あれはプラシーボ効果であって、怪異の毒とかそんなんじゃねえって
3日もすれば元に戻るよ・・・・・・・・・。

普通に魔法?そんな非科学的なーって感じの人だったし。
途中まで書いて、飽きてやめちゃった感じでなんだかなあ・・・・・・。


化物語・傷物語・・・偽物語(4話)

 物語シリーズ第二弾「偽物語」も4話目。
前作「化物語」は「つばさキャット」の冒頭まで見てなぜか中断して居ました。

化物語のあと、原作小説では阿良々木君がヴァンパイアとして過ごすことになった
春休み中の物語「傷物語」が来るのですが、アニメはなぜかそのあとの「偽物語」。
化物語では一切台詞どころか、声さえ出さずに終わった忍ちゃん。
今回4話目にして、ついにしゃべったかと思えば随分滑舌!!
声優は・・・・みなみけの次女の中の人っぽい?
なんて思ってましたら、坂本真綾さんか?
ちょっとぶりなのに、なんかしゃべり方が違ったように感じました。

で、、ますます春休み中のことが気になったので原作小説を読んでみることにしました。
まずは「化物語」から。
まあ、だいたいアニメと同じでしたね。

で、「傷物語」。
なにか、脅迫されてるんだろうか?と思わずには居られない位のいいんちょさんの
言動がちょっと怖かったです。
家庭に問題があるとは言え・・・・・・。
元々の性格がその行動を極端な物にしちゃってるのかなあ・・・・・・。
可愛そうな気もしますが・・・・・・・。
ガハラさんより怖いです。

 「偽物語」4話でいいんちょさん再登場・・・・あれ?
誰このかわい子ちゃん(古!)。
化物語の終わりでも、眼鏡+三つ編みだったはず・・・・・・・。
失恋による断髪と、新しい自分(コンタクト)ってことなのかと
おもいましたが、いまだ阿良々木君のことをあきらめたようでは無く・・・・・。
それどころか、堂々と「告っちゃうぞ」とか本人にいってるし、恋敵に電話で脅しかけてるし・・・。
普段二人の間にどういうやりとりが最近追加されたのか・・・・・。
さらには「将を射んと欲すればまず馬を射よ」の諺通り、家族である二人の妹の懐柔に入ってるし。

まあ、大事なのはその妹が前回出てきたおっさんに怪異(蜂)の毒を撃ち込まれたらしいと言うところ。
怪異を操って、自分に敵対してきた生意気な世間知らずな中学生を一掃したのでしょうが
ただの詐欺師らしい人間にそういうことが出来たのか?
どうやって???
と言う謎を残して次回第5話、刮目して待て!!

Appendix

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

TOMO

Author:TOMO
愛媛県民です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。