無料 アクセス解析RMT

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tomopc.blog103.fc2.com/tb.php/125-064d59ac

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

電脳コイル第24話「メガネを捨てる子供たち」

 天沢勇子の言葉によると 人と人をつなぐ心の道は
細く途切れやすいそうです。

 イサコとヤサコ、そしてデンスケが向かった学校の地下。
そこで、デンスケは最後の時を迎えイサコは暗号炉を暴走させました。


ヤサコ目覚める

 病院の一室でヤサコが目覚めるところから始まります。
肝心な部分は、猫目によって隠蔽され二人はメガネ遊びをしていて
階段から落ちた事にされたようです。

泣き叫ぶ京子

病院でヤサコ母はヤサコからメガネを取り上げた訳なのですが
(寝ている人から外しただけだろうけど)
出かける際に、京子のメガネも取り上げて行ってしまいます。
京子とメガばあの所に残っていたフミエは、メガネを取り上げられ
デンスケが見えなくなって泣き叫ぶ京子にお手上げ状態でした。

フミエ母登場

ヤサコ母から連絡を受けたフミエの母(初登場?)が
フミエを連れに訪れます。

フミエメガネ取り上げ

報道をそのまま信じた母は、フミエのメガネを取り上げてしまいます。

ダイチメガネ取り上げ

同じ頃、ダイチも・・・他の子供達も取り上げられてしまいます。
タイトル「メガネを捨てる子供たち」は「メガネを失う子供たち」と
変更すべきじゃないかな・・・?

無気力なヤサコ

 フミエから、デンスケのメモリアルが届いていると電話で教えられても
実感がわかず、ぼうっとするヤサコ。
すべてが夢幻(ゆめまぼろし)だったかのように・・・。

メガばあ・・・ぎっくり君

同じ頃同じ病院で・・・・・・・
メガばあは、ぎっくり腰で入院中・・・・・。
肝心なときに役にたたねえ・・・・。


反撃の狼煙

一方、イサコの病室を探すタマコに声をかけたのは猫目。
すべてバレバレを知らないのか?
いつも通り、かつての同僚を装います。
表向き、友達風を装いながらハラワタ煮えくりかえって居たであろうタマコ。
おちゃらけて、背中を叩くふりをしながら
「私はロリコンです」の貼り紙を・・・・・
メタタグを貼り付けます。
後々コレが効いてくるんでしょうが、いっそひと思いに
この場で爆発でもしたらすっきりしたのに・・・・。

母の説得

家に帰ったヤサコに母は
「触れられる物が、温かい物が信じられる物。メガネの世界には
それが無いでしょう?
(生死が存在しない電脳の世界から)
生きている(この)世界に帰ってらっしゃい」
友達との連絡には(単なる)携帯電話を買ってあげる。
退屈したら一緒に遊んであげる・・・・。
優しくも、必死に説得に当たります。
ただ、メガネは仕舞ったまま出そうとはしません。
もし、ヤサコがハッキリと拒否したら?
強い口調で叱りつけ、よりいっそう電脳デバイスに嫌悪感を抱いた
かもしれません。
普段メガネをほとんど使わず、デンスケのこともメガネ友達のことも
ほとんど知らなかった母。
良く理解した上での説得でないため、そうなってもまあ当たり前の
反応かな・・・。

叔父の助言。

猫目に張り付いていたタマコは、4423の病室にイサコを見つけます。
そこで、イサコとその兄に過去何があったのか、メガマスに口止め
されているとしながらも、ヒントを教えてくれます。

生犬

フミエと散歩をしていたヤサコは、ふとデンスケの鳴き声のような物を聞きます。
其処にいたのは、生犬(なまいぬ)。


帰ってこないデンスケ

デンスケはもう居ないことをハッキリと認識し、泣き崩れます。
かつてネズミのペットを飼っていて、サッチーにフォーマットされた
事のあるフミエもつらい表情でヤサコを見ることしかできません。

デンスケのぬくもり

すべては幻、作られた世界。
そう、だからきっとこの悲しみもそのうち消えて無くなる。
デンスケはその毛並みを感じることもなかったし、温かみを感じることも
なかった・・・・だから、このつらい気持ちもそのうち幻となって
消えるんだ・・・・そう思おうとするヤサコに京子が・・・。
「フサフサだったよ?温か(暖)かったよ?」
姉以上にそっち方面の才能があった京子、ずっしりと重いデンスケから
良い匂いと、フサフサの毛並みの感触、ポカポカとお日様のような暖かさを
感じていたのかもしれません。

胸の痛み本当の意味

なんとか、自分を納得させようとするヤサコ。
でも、胸の奥でチリチリと何かが小さな火花を出し続け
チクチクと痛みが走り続けます。
「本物って何なのか?触れる物がすべてなのか?」
どうしても納得に至りません。

もう一度

今一度、初めてメガネを掛けた日、初めてデンスケに会ったあの日から
今日までの出来事はいったい何だったのか
かつてメガネを贈ってくれた祖父のメガネを取り出し、かつて居た金沢に向かいます。

けじめをつけるために

一方、目を覚ましていたハラケンは、看病に来て眠ってしまったタマコから
メガネを拝借し、カンナが事故にあった交差点へと向かいます。

フミエピンチ

電脳世界においては、性別も年齢も関係なくプログラミングの腕と速さで
上位に立っていたフミエも、メガネを失えばただの女の子。
駅向こうの学校の生徒からいじめられることになります。

修行の成果

そんなフミエやデンパたちを救ったのがダイチ。
夏休み中ずっとお父さんにしごかれていたお陰で、現実世界での強さ
を身につけたようです。
最後にダイチらしい落ちも付いたが・・・・(笑)

マユミ

金沢に着いたヤサコは、かつて自分をいじめていた女の子「マユミ」に
連絡を取ろうとします。
留守番電話にメッセージを吹き込んでいる最中に、背後から声を掛けられます。

「いじめていたのはあなたでしょう?」


次回 「金沢市はざま交差点」

刮目して待て!!


嬉しいお知らせ。
再放送


予想を裏切らないNHKに万歳。
でも、途中高校野球で長いお休みが入ったように、年末年始の特番で
また間が空くんだろうなあ・・・・・・。



メインサイトへ



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tomopc.blog103.fc2.com/tb.php/125-064d59ac

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

TOMO

Author:TOMO
愛媛県民です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。